源義賢館
 
 
南側の土塁
所在地 埼玉県比企郡嵐山町大蔵
遺構 郭・土塁・空堀
現状 大蔵神社
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
仁平2年(1152) 源義賢が大蔵館を築く
久寿2年(1155) 源義平が大蔵館を急襲し義賢は敗死する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社・大蔵館跡案内板
 
 
西側の土塁 西側の空堀 東側の土塁
東側の土塁 北側の土塁 北西隅の土塁
 
 歴史上の人物では源義平が好きだ。颯爽として堂々としている。日本ハム時代の小笠原道大みたいな顔をしていたに違いない。義平の武勇伝の引き立て役となってしまった源義賢の館跡が大蔵館だ。近くには義賢の息子駒王丸の産湯の井戸が伝わる場所もある。駒王丸こそが後の木曽義仲だ。義平が大蔵館を襲ったとき、駒王丸は義賢の愛妾のもと別宅にいたのだと思う。この時代だから幼子と言えども男子がいたら殺されたはずだ。別宅にいたからこそ無事に逃げおおせて斎藤実盛らに匿われたのちに信濃へ逃げることができたのだろう。
 義賢は立派な武人だったのだろうと思う。大蔵館のほかに上州多胡にも居館があり多胡帯刀先生と呼ばれていた。北関東の武士たちは源義朝よりも義賢を頼りとしていたらしい。義朝の周囲にいる相模武士よりも坂東武者のほうが戦闘力は高いし、何よりも北武蔵は良い牧が多い。そうなると義賢の存在は義朝と義平父子にとってはかなり煙たい存在だったはずだ。義賢を討ち果たした後、望みとおり精強な坂東武者と馬を手中に収めたわけだから義平の功績はとても大きい。
 義平への賛辞ばかりになってしまうので大蔵館に話を戻す。大蔵神社と県道の建設で遺構は破壊されてはいるが、今も土塁がとてもよく残る。堀跡は藪になっているがかたちはよくわかる。神社周辺だけではなく道路沿いや民家の敷地にも土塁が残っているからよく探してみよう。平安時代末期の豪族居館がこんなにまでもよく残るものかと感心したが、発掘調査の結果は室町時代から戦国時代にかけてのものだそうだ。なにやら興醒めだけど館のかたちは方形居館のそれだし、時代ごとに補修されたり増築されたりして今の姿があるわけだから、これはこれでいいじゃないか。
2006/03/17・2015/05/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「武蔵嵐山」下車
館跡までは徒歩30分程度