菅谷館
 
 
主郭跡の櫓台と空堀
所在地 埼玉県比企郡嵐山町菅谷
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 埼玉県立嵐山史跡の博物館
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
鎌倉時代 畠山重忠が居館を築く
長享2年(1488) 山内上杉顕定の命で太田資康が菅谷城を修築する
天文15年(1546) 河越城の戦いで勝利した北条氏が菅谷城を接収し小泉掃部助が城代となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
早くから国指定史跡として整備されており見学しやすい
三の郭跡に嵐山史跡の博物館が建っており
菅谷城や周辺の城跡の歴史が詳しく展示されている
遺構はどれも見事な状態で残っている
土塁の高さ、堀の深さとどれも一級品の遺構だと思う
南郭から都幾川にかけては自然がよく残り
城跡の西側も武蔵野の面影を残す雑木林が広がる
史跡公園と自然公園が見事に調和しているのが素晴らしい
 
搦手の虎口 三の郭跡の土塁 三の郭跡の空堀
二の郭跡の土塁 二の郭跡の土塁と堀底道 二の郭跡の櫓台
主郭跡の空堀 主郭跡の空堀 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 南郭跡の土塁
 
 自宅からの交通アクセスがよく四季を通じて見学可能なため数多く訪れている。城跡には立ち寄らず蝶の観察をしたり、史跡の博物館で蔵書の閲覧をして帰るだけのときもよくある。埼玉県下の有名な城館跡の中ではいちばんたくさん訪れていると思う。
 畠山重忠の居館跡を起源とするというけど鎌倉武士の館といったイメージはなく戦国まで使われた大城郭の姿がそこにある。主郭が重忠の居館と考えられるし実際そうなのだろうが、自分は鎌倉街道に面した西郭が古い時代の居館じゃないかと思う。こればかりは二の郭跡にある畠山重忠の銅像に尋ねてみるしかないか。
 主郭跡の土塁の規模はびっくりするぐらいだ。もちろん他の郭の規模も壮大で手抜きのない城だ。北条氏による改修があったのではないかと考えられてきたが、杉山城などと同様で最近では山内上杉氏による改修という説が主流を占めてきている。こればかりは自分には判断できないが、北条氏が版図を広げた後はあまり重要性のない地域だとは思うので、やはり山内上杉氏の手が加わっているのだろう。
 昔から菅谷館の名称で親しまれてきたが、どう考えても館ではなく城だ。自分も一貫して菅谷城と呼び続けてきた。その甲斐あってかどうかは知らないが、現地の案内板や幟も菅谷城と表記されるようになったのはとても好ましい。
2006/03/24・2010/02/04
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「武蔵嵐山」下車
城跡までは徒歩15分程度