館跡看板
別 称  
所在地 埼玉県比企郡嵐山町鎌形
遺 構 井戸
現 状 鎌形八幡神社
目標物 案内板
史跡指定  
訪問日 2015/12/16
 
平安時代末期 源義賢が居館を構える
久寿2年(1155) 源義平が大蔵館を急襲し義賢は敗死。義仲は家臣に救出される
 
参考 源平時代人物関係写真集/勉誠社
 
 
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩1時間
 
 
 よく晴れた冬の日に中学校時代の友人たちと森林公園駅からレンタサイクルを利用して小倉城を訪ねた。ちょっとした山越えもあり楽な道程ではないものの、穏やかな晴天のおかげで気持ちの良い時間を過ごせた。小倉城から少し離れた場所には木曾義仲が生まれ育ったという土地があるので、退屈しのぎに訪れてみることにした。
 地図で見ると鎌形八幡神社を中心に方形館のかたちをした区画がある。義仲産湯の清水という案内板もあるが、実際に義仲がここで産声をあげたかは確かめようもない。源義賢は大蔵館で源義平に討たれたが、当時は駒王丸と呼ばれていた義仲は木曾殿館で暮らしていたことで難を逃れた。おそらくこの館は義賢が愛妾を住まわせていたのだろうと思う。義賢討たれるの報を聞いた郎党たちは幼い駒王丸を匿い、斎藤実盛の援けを受けて遠く信濃へ切り抜けている。平氏と違って源氏は一族同士の血生ぐさい争いが多いが、長じた義仲も従兄弟の頼朝に討たれているのは因果なものと思う。