木曾殿館跡
所在地 埼玉県比企郡嵐山町鎌形
遺構 消滅
現状 班渓寺付近
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 源義賢による構築か
久寿2年(1155) 源義平が大蔵館を急襲し義賢は敗死。駒王丸(後の木曾義仲)は家臣の手で脱出
 
参考 源平時代人物関係写真集/勉誠社
 
 木曾義仲はここで生まれたという伝承地。義仲産湯の清水なんてものもあるけど800年以上も昔のことだから水質検査をしたってわからない。航空写真で見ると方形区画にはなっている。それと源義賢が大蔵館で死んだときに同じ場所にいたなら義仲も殺されていたと思う。仇敵となる遺児を義平が討ち漏らすわけがないと思う。だからここは義賢が愛妾を住まわせていた屋敷だったと思う。義賢の死を聞いて郎党たちは必死に幼い義仲を匿い、斎藤実盛らの援けもあって信州木曾まで逃げおおせたのだろう。
2015/12/16
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「武蔵嵐山」下車
班渓寺までは徒歩60分程度