東三郭
別 称 初雁城
所在地 埼玉県比企郡嵐山町杉山
遺 構 郭・土塁・空堀
現 状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
訪問日 2006/03/24
2010/02/04
 
長享2年(1488) 須賀谷原の戦いが起こる。この頃に山内上杉氏が築く
戦国時代 北条氏配下の松山衆庄主水弘秀が杉山城主と伝わる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
中世城郭事典/新人物往来社
 
 
東武東上線「武蔵嵐山」下車 徒歩40分
 
 
杉山城跡 馬出の空堀 馬出の空堀と土橋
南三郭の虎口と土橋 南郭群を囲む空堀 主郭跡の虎口と土橋
主郭跡の桝形虎口 北二郭跡の坂虎口 東郭群
南郭群の切岸 腰郭と横堀 南郭群
 
 埼玉県を代表する名城でありながら、杉山城の歴史はほとんど謎に包まれてきた。北条氏の築城様式の集大成という評価が定着していたが、発掘の成果により通説は覆され、足利高基書状写に登場する椙山之陣が杉山城に該当するという考え方が主流となり、須賀谷原の合戦が行なわれた時代に山内上杉氏が築いた城という説でほぼ落ち着きを見せている。素人目に見ると所沢市の滝ノ城や八王子市の滝山城など北条氏が関わった城との類似点が感じられると思うのだが、北条氏が版図を広げる中ではあまり関係のない土地であり、遺構の見事さに対して規模は小さい。
 天正18年(1590)の松山城合戦で籠城した松山衆の中に庄主水弘秀がいる。児玉党庄氏の末裔で杉山主水とも呼ばれている。土地の名前を名乗るほどだから、弘秀が杉山城の城主だったと考えたい。
 土地所有者の理解もあって大切に保存され、整備の手も行き届いている。現在は比企城館群のひとつとして国指定史跡となり、雑木の伐採や草の刈り取りが定期的に行われているようで、いつ訪れても気持ちの良い散策が楽しめる。
 複雑な折れを持つ堀の美しさは筆舌に尽くしがたい。虎口の入れ方にも工夫が感じられ、歩いていると時間が経つのを忘れてしまうほどだ。ただ、杉山城が戦国時代の最盛期の城ではないと思うのは堀幅の狭さだ。やはり鉄砲が戦いの主流を占める以前の城というのが感じられる。