初雁城
 
 
東三郭
所在地 埼玉県比企郡嵐山町杉山
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
長享2年(1488) 須賀谷原の戦いが起こる。この頃に山内上杉氏により杉山城が築かれる
戦国時代 北条氏配下の松山衆庄主水弘秀が杉山城主と伝わる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
武蔵嵐山駅から少々距離がある
これだけの名城を拝めるのだから我慢しましょう
車の場合は城跡間近に駐車可能
城跡は整備されており夏場も見学可能
鋭角で構成された郭と堀のかたちが美しい
小規模ながらよくぞこれだけ残ったものだ
逆になぜこんなにも小さくて複雑な形の城を築いたのか
杉山城論争は収束したように思えるが
北条氏の関与はなかったか
今も疑問がすべて消えることはない
それにしても素晴らしい城跡だ
 
杉山城跡 馬出しの空堀 馬出しの空堀と土橋
南三の郭の虎口と土橋 南の郭群を囲む空堀 主郭跡の虎口と土橋
主郭跡の桝形虎口 北二の郭跡の坂虎口 東郭群
南郭群の切岸 腰郭と横堀 南の郭群
 
 杉山城は比企地方屈指の名城ながら、確実な築城者や築城年代等を伝える史料はない。伝承としては比企重成、源経基、金子家忠ら平安時代以前の武将の名前が連なるが、現在見られる遺構とはまったく時代が結びつかない。
 中世城郭の教本と賞賛される見事な遺構は、従来は北条氏の手によるものというのが通説だった。それが発掘調査の結果で北条氏時代の遺物が検出されなかったこと、当時の地理的情勢や『足利高基書状写』に「椙山之陣」との記述があることから話がややこしくなった。
 様々な角度からの考察の結果、北条氏の北武蔵進出以前の築城とされ、須賀谷原の合戦が行なわれた長享2年(1488)頃に山内上杉氏が築いた城という説でほぼ落ち着いたようだ。素人目に見ると所沢市の滝ノ城や八王子市の滝山城など北条氏が関わった城との類似点が感じられ、とても臨時の野戦陣地のようには思えない。実際に否定された北条氏による築城説あるいは改修説を支持する人も多い。これについては今後も様々な議論がなされていくことだろう。
 天正18年(1590)の松山城合戦で籠城した松山衆の中に庄主水弘秀がいる。名族児玉党の庄氏の末裔と思われるが、この人が杉山主水とも呼ばれている。これが手がかりかなと自分は思う。ただ、一土豪の手でこれだけの土木作業は無理だから山内上杉か北条か。永遠にその答えは出ないだろうなと思います。
 遺構の素晴らしさについては写真をご覧頂きたい。本当はもっともっと掲載したいけど、画像では城跡の持つ機能美や構成美、土塁や堀が持つ迫力は半分も伝わらない。杉山城の遺構は埼玉県下で随一と言っていいと思うしそれについて異論のある人は少ないと思う。関東以外にお住まいの城郭愛好家の方でもし関東へ来られる機会があれば、ぜひ杉山城を候補の筆頭にあげてほしい。決して損はしませんから。
2006/03/24・2010/02/04
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「武蔵嵐山」下車
城跡までは徒歩40分程度