陣屋跡石碑
所在地 埼玉県東松山市松葉町
遺構 消滅
現状 東松山市役所
目標物 石碑・案内板
史跡指定 東松山市指定史跡
 
慶応3年(1867) 松平大和守直克が比企、高麗など4か村の領地を管理するため陣屋を設置
明治4年(1871) 廃藩置県により陣屋は廃止される
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 雪の残る寒い一日、小川町の青山城へ登った。うっすらと雪が積もる里山を見たかったからだと思う。雪を踏み締めつつ歩いた青山城はなかなか風情があった。それだけで帰るのもつまらないから東松山駅からいくつかの城館を巡った。
 松山城は何度も訪れていたのと、雪の残る中で堀底に下りたり登ったりしたくなかった。今の整備が進んだ松山城と違って当時は荒れた山だった。あの荒々しい松山城を覚えている人ならきっと同感してくれるでしょう。山城の青山城を登ったあとだから、なるべく楽なところと思って松山陣屋跡へと立ち寄った。東松山市役所の一角に陣屋跡の石碑と案内板が建っていた。陣屋の図面なども記されていて役立つ案内板だった。
2008/02/08
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「東松山」下車
陣屋跡までは徒歩15分程度