石橋城
 
 
主郭跡の土塁
所在地 埼玉県東松山市石橋
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 農地
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
室町時代 斧沢修理大夫が青鳥城を築く
戦国時代 北条氏支配下で松山城の支城となり山田直安が居城
天正18年(1590) 関東へ進軍した前田利家が布陣した「石橋の古城」が青鳥城と思われる
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東武東上線の東松山か森林公園から徒歩で行ける
関越自動車道が城跡の東側を破壊しているが概ね良好
主郭は私有地となっているが石碑はここに建つ
四方に見事な土塁が残り堀もそれを囲郭する
堀底は伐採した倒木が放置されて歩きづらかった
二の郭は広大すぎて農地や宅地化が進むが
北側の土塁と堀がよく残っている印象
三の郭については実際にあったのかどうか不明だ
大軍の駐屯用の城という感じがするからあったかもしれない
西側に養豚場だか養鶏場だかがありとても臭いがきつい
 
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
二の郭跡の土塁 二の郭跡の空堀 土塁の断面
二の郭跡の水堀 虎御石 箭弓稲荷神社
 
 はじめて訪れたときは森林公園駅でレンタサイクルを利用した。二度目は東松山駅から箭弓稲荷神社に参拝してから青鳥城を訪ねた。途中に二の郭跡の水堀がある。ここに虎御石という大きな石塔婆がある。関越自動車道による破壊が大きいが怪我の功名で土塁の断面などが見られる。
 城跡の大部分が公有地化されていないため民家が建っている場所が多かった。僕は特に何事もなく見学できたが、あまり見学には好意的でない人もいるみたいだ。仕方ないことだけど、分譲の戸建住宅を購入するならそれなりのリサーチも必要じゃないかとは思うが。
 養鶏場だったか、二の郭の西側はいつも悪臭がすごい。はじめて訪れたときは知らないうちに養鶏場の中に入り込んでしまい、餌を狙ったカラスが樹上に無数の群れをつくっていて不気味だった。ゲゲゲの鬼太郎のオープニングを思い出してほしい。あんな感じだ。堀底がまた倒木がひどいし、カラスの死骸があったこともある。あまり再訪したくない城跡かな。
2006/03/17・2013/01/25
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「森林公園」下車
城跡までは徒歩30分程度