藤原利仁館
 
 
本堂裏の土塁
所在地 埼玉県東松山市下野本
遺構 土塁・空堀
現状 無量寿寺
目標物 標柱・案内板
史跡指定 東松山市指定史跡
 
延喜15年(915) 藤原利仁が館を築くという
鎌倉時代 片田基親の子基員が野本左衛門尉と名乗り居館を置く
 
参考 野本氏館案内板・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
野本館跡遠景 土塁 野本将軍塚古墳
 
 はじめて訪れたときは巨大な野本将軍塚古墳が目印となりすぐに場所はわかった。二度目の訪問のときも同じで平地が続く中に古墳に織り成す森が目立つので迷うことなく着いた。三度目は地図アプリで最短距離を計測しつつ歩いたが、これがとんでもない事態を招く。どんな道でも道として認識するために農道だろうが廃道だろうが拾ってしまう。このときも川沿いの草が生い茂る中を歩かされた。
 苦笑いしつつ将軍塚古墳にたどり着き北側にある野本氏の居館跡を目指す。来るたびに藪が綺麗になり、本堂裏の土塁がはっきりとわかる。昔はえらい竹藪だったからありがたいことだ。堀らしい場所もあるのだがそこは相変わらずの竹藪だ。
 この付近、松山城が近いためか城攻めのたびに陣城が構築されたようで、野本館の北にある八幡神社は大谷吉継が布陣した場所という。どこかの古墳も上杉景勝が陣を構えた場所だし、ゴルフ場の中にある雷電山も前田利家の陣所跡だ。みんな考えることはいっしょのようで、遠征先で少しでも労力を惜しんで陣場を構築するとなると古い豪族の居館か古墳ということになるらしい。
2008/02/08・2016/10/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「東松山」下車
市循環バスで「野本公民館」下車
無量寿寺までは徒歩5分程度