高坂城・高坂陣屋
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県東松山市高坂
遺構 郭・土塁・空堀
現状 高済寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
観応年間(1350〜51) 高坂氏が居館を築く
正平23年/応安元年(1368) 河越氏、高坂氏を中心とした武州平一揆起こる。敗れた高坂氏は没落する
永禄4年(1561) 太田資正が守る松山城を攻めた北条氏が高坂に陣城を築く
天正18年(1590) 徳川家康の家臣加賀爪政尚が比企郡に知行を得て高坂に陣屋を構える
天和元年(1681) 加賀爪尚清が改易となり陣屋は廃止となる
 
参考 改訂歩いて廻る比企の中世再発見/埼玉県立嵐山史跡の博物館・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 空堀 加賀爪氏墓所
 
 高坂館も何度か訪問している。このあたりは急速に宅地化が進んで今では高済寺境内の遺構しか見られなくなった。以前は土塁上に城山稲荷があったけれど今は土塁の下に移されていた。土塁上は雑木林だったが樹木が伐採されてすっきりしている。堀も10月初旬でも歩けるぐらいだった。
 実はこの館、以前は高坂氏の館跡とされていて北条氏に仕えた高坂刑部の居館ということになっていた。今では高坂氏居館はここより少しばかり南の高坂弐番町遺跡ではないかということになってきた。高坂刑部も戦国時代の人物ではないようだが詳しいことはわからない。最近の研究だとここは北条氏が松山城を攻めたときの陣城とされている。北条氏滅亡後に関東へ入国した徳川家康の家臣加賀爪氏が陣屋を構えたのは確かだ。
 加賀爪氏は扇谷上杉氏の末裔で、初代政尚は3千石の旗本として高坂陣屋を政庁とした。政尚は伏見大地震で圧死し、子の忠澄は1万石近い大身旗本になったが江戸で火事が起きたときに消火活動の指揮を執っていたが煙に巻かれて死んだ。跡を継いだ直澄は荒くれ旗本として名を馳せたが最終的には大名に列している。直澄の甥直清のときに加賀爪氏は領地問題の責任を負わされて改易された。やんちゃながらも優秀な人物揃いで旗本の中でも異彩を放つ一族だから興味を覚える。だから、いつも高坂館に来たときには加賀爪一族の墓所を訪ねることにしている。
2008/02/08・2016/10/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「高坂」下車
高済寺までは徒歩15分程度