現況
所在地 埼玉県東松山市高坂
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
  歴史不詳
 
参考 改訂歩いて廻る比企の中世再発見/埼玉県立嵐山史跡の博物館
 
 高済寺に遺構を残す高坂館は南北朝時代から続く高坂氏の館跡とされてきた。最近の研究では土塁や堀は戦国時代に北条氏が松山城を攻めたときに築かれた陣城の遺構とされ、それを近世初頭に入部した旗本加賀爪氏が陣屋として再利用したものとされている。
 では武州平一揆の中核を成した高坂氏の居館はどこぞ、ということになったが、高坂館の南にある高坂弐番町遺跡の発掘調査で中世の堀が検出されたことで、こちらが高坂氏の居館跡だった可能性が出てきた。高坂氏のことをちらっと紹介する。秩父氏を祖とする坂東平氏の末裔で、秩父重綱の子高坂五郎がこの地に居住したことを始まりとする。鎌倉幕府が倒壊の兆しを見せた頃、高坂氏は幕命で楠木正成の籠る赤坂城攻撃に参加している。南北朝時代の高坂一族は家の存続を図るためか新田氏、足利氏双方に分かれて戦っている。応永元年(1368)の武州平一揆で高坂信重は河越氏らとともに鎌倉府に叛旗を翻したため没落してしまった。
 ここが高坂館であるという証拠はまだないけど、かといってここ以外にも考えられない。もっとも高坂館と弐番町遺跡は距離も近いから、時代を経て拡張されてきた可能性だって十分だ。とてものこと自分如きが結論づけるようなことは言えません。
2016/10/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「高坂」下車
遺跡までは徒歩15分程度