空堀
所在地 埼玉県比企郡川島町表
遺構 空堀・水堀
現状 廣徳寺
目標物 石碑・案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 美尾谷氏が居館を構える
文治元年(1185) 美尾谷十郎、土佐坊昌俊に属して上洛し源義経を襲撃するも失敗に終わる
文治5年(1189) 美尾谷十郎、奥州征伐に従軍
建久元年(1190) 美尾谷十郎、源頼朝に従い上洛
 
参考 続・埼玉の城址めぐり/幹書房・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡絵図 水堀 空堀
重要文化財・大御堂 美尾屋廣徳碑  
 
 川島町は鉄道路線がないのでなかなか行くことがない。というかこの一日しか訪れたことがないはずだ。この日は後々までも共に北関東を駆け巡ることになる戦友たちとの記念すべき邂逅となった日だ。5月下旬で夏を思わせるような暑い日だったことを今もよく覚えている。古民家を改築した蕎麦屋で冷たい蕎麦を食べた。喉ごしのいい蕎麦だった。
 さて、美尾屋十郎の居館跡について思い出したい。十郎の名前をとった廣徳寺が館跡の範囲と重なる。事前の知識では遺構はないものと思っていた。実際に訪れてみると水堀が周囲を流れていた。境内には館跡の絵図があり、それを見ても水路は堀と合致していた。境内を散策すると北条政子が再建したと伝わる大御堂があり国の重要文化財となっている。遺構を捜し歩くと夏草に埋もれはじめた空堀が残っていた。想像を超える遺構の数々に意外さを感じた。美尾屋氏は少なくとも十郎のほかに四郎と藤七がいる。このうち四郎と十郎は同一人物ではないかという気がする。その出自はわかっていないが、児玉党の流れとみていいのかなと思う。跡取りができなかったのか、早々と歴史からは名が消えている。
2007/05/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「桶川」下車
東武バス「川越駅」行きで「新堀」下車
廣徳寺までは徒歩20分程度