空堀
所在地 埼玉県比企郡川島町中山
遺構 土塁・空堀
現状 金剛寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
戦国時代 比企政員が居館を構える
天正18年(1590) 北条氏滅亡。松山城に籠城した比企左馬助則員は後の徳川家康に仕える
 
参考 武蔵武士/まつやま書房
 
 
土塁と空堀 空堀 比企一族の墓
 
 初夏の頃、比企地方を廻るオフ会があった。僕の城跡廻り生活においてこの日はエポックメイキングとなった日でもある。とにかく暑い日で半袖のTシャツを着て城館跡を訪ね歩いた。
 比企氏は武蔵国比企郡を本拠地とする武士だ。源頼朝の乳母が比企氏の出身であることから鎌倉幕府の有力御家人となった。これが後々に悲劇を生むことになった。頼朝死後、幕府内での御家人同士の対立が起きるが、中でも北条氏による創業以来の功臣狩りはひどかった。あれやこれやと言いがかりをつけて謀殺、弑逆、失脚とあらん限りの策謀を廻らせた。梶原景時の讒言なんぞは可愛いものに見える。比企能員も北条氏に睨まれて窮した挙句に比企の乱を起こすが、結局は太刀打ちできずに滅ぼされてしまう。生き残った人たちは佐渡と越後に逃げた。やがて故郷の比企郷に戻り、戦国時代に比企政員が今の川島町に館を構えた。
 扇谷上杉氏に仕えた比企氏だったが、扇谷上杉氏の衰退で岩付太田氏、松山城の上田氏に服属している。最後は北条氏に仕えて松山衆に組織されているのだが、北条氏滅亡後は徳川家康に召し抱えられた。比企氏は江戸時代半ばに改易されて子孫は土着したという。
 比企氏の歴史語りになっちゃったので比企氏の居館について記そう。金剛寺が館跡であり、境内に比企一族の墓碑が建ち並ぶ。墓地を取り囲むようにして空堀があった。小ぢんまりとした印象を受けるが、戦国時代の比企氏は細々と暮らしていたのだろう。寺の周辺に残る曲がりくねった小道に館らしさを感じたりもした。竹林に囲まれた墓地はアマガエルがいっぱいいて可愛かった。
 冒頭にも書いたけど、この日のオフ会で出会った人たちはその後も武蔵直登という城郭探訪のメンバーを構成し、関東を疾駆する戦友となった。この人たちがいなければ行けないような城跡も数多くあった。そんな意味でもこの初夏の暑い一日は自分にとって忘れ得ぬ日となったのである。
2007/05/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線・東武東上線「川越」下車
東武バス「東松山駅」行きで「上中山」下車
金剛寺までは徒歩10分程度