水堀
所在地 埼玉県比企郡川島町下八ッ林
遺構 水堀
現状 宅地
目標物 標柱
史跡指定  
 
戦国時代 道祖土康成が北条氏康に仕える
天正18年(1590) 北条氏滅亡。道祖土康玄は土着する
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 
道祖土屋敷 水堀 道祖土氏墓所
 
 道祖土氏は那須氏の末裔らしい。なんでも那須資隆の子十郎資兼が道祖土氏を名乗ったらしい。いつごろ武蔵に進出したかはわからないけど、山内上杉氏に仕えていた道祖土氏兼が北条早雲に仕えたという。ただ、早雲自身は北武蔵を領有していないから、伊豆まで押しかけて家来になったか、北条氏が北武蔵に進出してから仕えるようになったのか。道祖土康成は北条氏康から川越市にある老袋城を与えられたという。
 県道74号線沿いに『道祖土家文書』の標柱が設置されており、そこから真っ直ぐ北へ伸びる道の突き当たりが道祖土家だった。いかにも豪族屋敷という雰囲気だったことが印象に残った。この屋敷は北条氏が滅び道祖土氏が土着したときの屋敷だから戦国時代にまで遡るのかどうか。ただ、屋敷を囲む水堀が今も残っている。
2007/05/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR川越線・東武東上線「川越」下車
東武バス「鴻巣駅」行きで「八ツ林」下車
屋敷跡までは徒歩20分程度