太鼓郭の空堀
所在地 埼玉県比企郡吉見町北吉見
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
応永6年(1399) 上田友直が松山城を築く
天文6年(1537) 北条氏綱が松山城を攻めるが上田朝直が撃退に成功する
天文15年(1546) 北条氏康、松山城を落城させる
永禄4年(1561) 上杉謙信、松山城を落城させ太田資正を守将として配置する
永禄5年(1562) 武田信玄、北条氏と同盟し松山城を開城させる
天正18年(1590) 豊臣秀吉配下の前田利家らが松山城を落城させる
慶長6年(1601) 松平忠頼が遠州浜松城へ移封となり松山城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東松山駅から徒歩でも訪問可能
市野川を渡った道路沿いに案内板と入口がある
そこから登ればすぐに主郭へと着く
巨大な空堀が最大の見どころといって良い
農地や高射砲陣地でもあったのか土塁はあまり残らない
資料によっては春日丸が三の郭となり
三の郭が広沢郭との呼称となっているが現地案内板に従う
搦め手の竪堀を下ると岩室観音があり吉見百穴が近い
昔は荒れ山だったが今は整備が行き届いている
ただ、堀底に下りるときは苦労する場所もある
 
松山城跡 笹郭跡 主郭跡
土橋 二の郭跡 空堀
空堀 三の郭跡 空堀
空堀 搦め手の竪堀 吉見百穴
 
 松山と名のつく城にハズレなし。伊予松山城、備中松山城、無名だけど群馬県高崎市の松山城といずれも素晴らしい城ばかりだ。武州松山城は土の城部門ではトップクラスかもしれない。
 はじめて来たとき、僕はまだ高校3年生だった。卒業式を控えた春休みで残雪があったことを覚えている。この頃の城跡は荒れ果てていた。埼玉県指定史跡ではあったが、案内板もうら寂しい場所にひっそりとあり、城跡へはどこから入っていいものかわからず、仕方なく岩室観音のある搦手から登ったと思う。城内に入ったら今度は足の踏み場もないぐらい樹木が生い茂り雑草も多い。自分がどこにいるのかすらわからないまま城跡を歩いた。蔓に絡まり堀底へ落ち、そしてまた這い上がることの繰り返しでようやく石碑の建つ主郭へと着いた。たしかここにアトリエみたいな小屋があった。誰かここで絵でも描いていたのかな。
 それからは自宅から近いこともあり何度も訪れている親しみ深い場所となった。当時と違うのはかなりすっきりしたということ。特に国指定史跡に昇格してからは雑木がきれいさっぱりと伐採されたし堀底の草も刈られた。見る側にとってはありがたい配慮だけど、逆に城跡の土が流出しないか心配になる。実際に伐採をしたはいいけどそれがために崩落した城をいくつも知っている。行政と土木事業は切っても切れない間柄、早い話が今も癒着がはびこっていると思うが、城跡の整備を口実にやらなくてもいいような工事をする事例が多い。積み直した石垣は古い石垣部分よりも崩壊しやすいし、別物のような復元をしてしまうことが多々あるから。
 それはさておき、松山城は素晴らしい城跡だ。埼玉県内でも五本の指に数えられる名城だと思う。遺構の良さももちろんだけど、その戦歴が凄い。北条氏と上杉謙信と武田信玄の関東甲信越のビッグ3が揃い踏みだ。
 城跡そのものの山腹に岩窟ホテルとか、隣接して吉見百穴があったりして面白い。面白いけどもなんとなく陰気な場所でもある。あと、少し前まで百穴温泉があった。ここがまたなんとも怪しい温泉で、早い話が混浴温泉で淫靡な雰囲気に溢れていた。行ったことはないけど。昔の探偵ナイトスクープで桂小枝が来そうな場所だったわけだ。そんな古き良き昭和の雰囲気も少しずつ失われてきてちょっぴり寂しいかな。
2005/05/14・2006/11/25・2009/12/07・2013/03/27
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「東松山」下車
川越観光バス「免許センター」行きで「百穴入口」下車
城跡までは徒歩5分程度