吉見御所
 
 
空堀
所在地 埼玉県比企郡吉見町御所
遺構 空堀・水堀
現状 息障院
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
平安時代末期 源範頼がここに館を構える
治承5年(1181) 範頼、野木宮合戦で志田義広を破る
建久4年(1193) 範頼、兄頼朝の嫌疑を受け伊豆に流刑となる
永仁4年(1296) 範頼の末裔吉見義世が執権北条氏への謀叛の疑いをかけられ鎌倉で斬られ吉見氏は滅ぶ
 
参考 武蔵武士/まつやま書房・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
息障院 空堀 水堀
 
 悲運の人だと思う。だいいち頼朝と義経の間に挟まれてまったく目立たない。もっと極端に言うと暗愚な凡将みたな描かれ方をされている。重なるのは織田信雄や小早川秀秋といったところか。
 でもね、範頼も平家追討ではけっこう頑張っているんです。水軍を率いて平家と対等に渡り合っているし。義経だけだったらあそこまでスイスイと源氏の勝利にならなかったと思う。兄頼朝を敬ってもいるし恐れてもいたのはいろいろ読み取ることができる。もっと評価されていい人物だと思うけれども強烈な兄弟たちに囲まれてなかなか日の目を見ない人だ。
 暑い日だったのはよく覚えているんだけど、範頼館の印象はあまり残っていない。写真を見て「あぁ、こんな堀があったな」と思い出す程度だ。実際にここに範頼がいたのかどうかはわからない。居館としたと考えるなら頼朝挙兵の後かな。それまでは吉見観音あたりでひっそりと暮らしていたんだろうなと思う。石戸にいたのかもしれない。ここと石戸は近いから双方に住んでいたことも十分考えられる。影の薄い人だけどその最期もよくわかっていないみたいで、修善寺で死んだとか四国へ逃亡したとか諸説ある。ミステリアスな人だなとつくづく思わせられる人だ。
2007/05/26
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「東松山」下車
川越観光バス「免許センター」行きで「久保田」下車
館跡までは徒歩30分程度