空堀
所在地 埼玉県比企郡吉見町大串
遺構 土塁・空堀
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 横山党大串氏が居館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡遠景 土塁 金蔵院の宝篋印塔
 
 宇治川の先陣争いは有名な話だ。佐々木高綱と梶原景季が急流の中に馬を入れ、平氏の軍勢が待ち受ける対岸へ共に遅れじとつばぜり合いを繰り広げたお話だ。東国武者の勇ましさと意地を感じさせる名場面だ。同じときにコミカルな一番乗りを果たした武士がいる。それが大串次郎重親だ。通称は次郎ではなくどうやら小次郎らしいけど、そのまま次郎で通しましょう。
 重親はこの戦いのときはまだ若武者だったと思う。元服のときに畠山重忠が烏帽子親となった。そのときに一字をもらって重親と名乗った。重親も負けじと馬を乗りいれたはいいが、急流で流されてしまった。重たい大鎧を着ていたわけだから必死の思いでそばにいた重忠にしがみついた。重忠は一ノ谷の戦いで愛馬を背負って谷を駆け降りたという怪力男だ。重忠の頭をわしづかみにして対岸へと放り投げた。子どものころに鉄の爪の異名を取ったフリッツ・フォン・エリックが若かりし頃のジャンボ鶴田を必殺のアイアンクローで掴み、リング下へ逃げようとする鶴田の頭を掴んだままリング上へ引きずり上げたシーンを覚えている。まさにあんな感じだったのだろう。
 ひょんなことから対岸へ上陸した重親は「武蔵国の住人、大串次郎重親、宇治川の徒歩の先陣ぞや」と大音声で呼ばわったというから、こいつも随分とちゃっかりした男だ。これには敵味方問わずどっと笑い声が起きたというから、当時の戦いはそれほど殺伐としていない。
 鎌倉幕府も源頼朝が死んでしまうと創業の功臣たちは次々と北条氏に粛清されていったわけだが、武蔵の有力者たる畠山重忠も当然のようにその対象となった。いろいろと難癖をつけられた挙句に元久2年(1205)に二俣川で攻め滅ぼされた。重親は北条方として重忠の敵に回っていたが、旧恩ある重忠を討つことができず、早々に弓を収めた。
 大串氏の館跡は市野川沿いにある。候補地は複数あるけど一族が発展すれば館も増えるだろうから、あまり詮索するつもりはない。鬱蒼とした竹藪の中に土塁と空堀があった。季節柄、蜘蛛の巣や藪蚊が多くあまりじっくりとは見ていない。近くの金蔵院には重親のものと伝わる宝篋印塔があり「永和2年 隆保」という銘が刻まれている。
 刻まれた年号が正しいなら室町時代までは命脈を保っていたことになる。太田道灌の家臣にも大串弥七郎という武士がいるし、山内上杉氏の家臣にも大串左衛門重氏がおり水谷政村と戦っている。
 館跡近くの市野川に架かる橋は徒歩橋という。この橋の名前は大串次郎重忠の宇治川でのエピソードにちなんだものだとずっと思っていたが、これは自分の思い過ごしのようだ。
2007/05/26
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「鴻巣」下車
東武バス「川越駅」行きで「荒子」下車
館跡までは徒歩5分程度