宮前城
 
 
北側の二重土塁
所在地 埼玉県比企郡滑川町羽尾
遺構 郭・土塁・空堀
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
戦国時代 山崎若狭守が居城
天正18年(1590) 北条氏滅亡。羽尾城も落城したと伝わる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
北側の空堀 北側の二重土塁 西側の土塁
 
 羽尾城もずいぶんと訪れている。駅からそこそこ近いし、森林公園へのサイクリングコースの途中にあるからついつい立ち寄っている。早朝の森林公園駅に降り立つとレンタサイクルが営業していない。だから羽尾城で時間をつぶしてから駅に戻り自転車を借りてから遠くの城跡へ向かう。言わば自分にとっての馬揃えの場所みたいなものだ。
 昔は雑木林だったし標柱もなかったけど、今は木が切られて新しい標柱が設置された。すっきりして見やすくなったけど、木々を伐採するときに土塁の土も持っていかれたようで前より低くなったように思う。遺構のよく残る部分は北西側に偏る。北東側は相変わらずの藪だった。
 言い伝えでは桜の咲く季節に豊臣の大軍相手に壮絶な戦いの末、落城したとあるけど、ご冗談をと言いたくなる。こんな小さな城を前田利家や上杉景勝は相手にしなかったと思う。さっさと鉢形城から松山城へ向かうでしょう。城兵だってあの大軍勢を見たら逃亡するに決まっている。
2002/11/15・2009/03/19・2013/01/25
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「森林公園」下車
城跡までは徒歩20分程度