虎口
別 称  
所在地 埼玉県比企郡滑川町山田
遺 構 郭・土塁・空堀
現 状 武蔵丘陵森林公園
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
訪問日 2006/09/16
2008/10/19
2009/03/19
2010/04/25
 
戦国時代 成田氏に仕えた小高大和守もしくは贄田摂津守が城主と伝わる
天正18年(1590) 前田利家の軍勢に攻められ落城
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
 
 
東武東上線「森林公園」下車
国際十王バス「森林公園南口入口」行きで終点下車
徒歩10分
 
 
主郭跡の土塁 櫓台 南西隅の土塁と空堀
西側の空堀 西側の土塁と空堀 虎口
 
 武蔵丘陵森林公園の中にあり、歴然と遺構を残している城跡である。森林公園には小学校の頃から遊びに来ていたが、園内に城跡があることはまったく気づかなかった。休日であればいつも多くの人で賑わっているが、ここに城跡があることを知らない人がほとんどだろう。
 明確な歴史はわかっていないが、伝承として成田氏の家臣小高大和守、贄田摂津守らの名前が挙がっている。忍城を拠点としていた成田氏の勢力範囲がここまで及んでいたなんて信じられないが、岩槻城も成田氏の築城であることが濃厚となっていることもあり、信憑性のないこととは思えなくなってきている。滑川町の隣は熊谷市だからあり得ないことではないと思う。
 単郭の城だが遺構の状態はとても良い。楕円形の郭を土塁と空堀が囲んでいる。郭内部に仕切り土居がわずかながらも残っているが、これだけ狭い城をどのように区画しようとしたのか興味をそそられる遺構である。北東に虎口があるが、とても美しい坂虎口となっている。その脇から横堀が伸びている様が美しい。
 公園内にあるため休園日と入園時間の制限がある上に入園料も必要となる。せっかく訪れても見学できないという思いをしないために、ホームページ等で事前に確認しておかねばならない。国営の公園だから入園料はそれほど高くなかったと思う。自分が少年時代から訪れている公園であり、娘が小さい頃に家族で訪れた思い出深い場所でもある。そんな思い入れのある公園内に素晴らしい城跡があることを嬉しく思う。