桜沢館
 
 
南側の土塁
所在地 埼玉県大里郡寄居町桜沢
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 桜沢四郎左衛門宗氏が館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
塩沢堀ノ内の現況 南側の土塁 北東の水堀
 
 暖かな日差しの冬の一日、ちょっぴり早起きして寄居駅を目指した。埼玉県下の城館跡の再訪をしてみようと思い立ち、毎週のように寄居駅を起点として山城に登り、館跡を訪ね歩くというのが日課となった。これは僕のライフワークとなるだろう。
 たまには未知の城館も織り交ぜてみたい。桜沢砦の再訪をするときに堀ノ内のことを思い出した。館の中心を254号線のバイパスが貫通している。訪れても無駄かもしれないけどせっかくだから。
 ここで戦友のホームページを参考にしてみた。なんと土塁があるではないか。事前に地図を見たとき、館の東側の堀が用水路になっていることは薄々気がついていた。土塁がどこにあるのかを確かめてみたい。知的好奇心全開で街角を歩くと意外とすぐに見つかった。方形居館の南東隅付近にあたる場所で民家の脇に真っ直ぐ伸びる土塁があった。そこから堀之内歩道橋を渡る。大部分破壊され尽くした堀ノ内の中心だ。このあたりに母屋があったのかと思いつつ東側の水堀を眺めた。今も確認できる遺構はこれだけだったけど、何もないよりずっといい。
2017/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「桜沢」下車
館跡までは徒歩10分程度