二の郭跡の空堀
所在地 埼玉県大里郡寄居町鉢形
遺構 郭・土塁・空堀・水堀・石積み
現状 鉢形城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 国指定史跡
 
文明8年(1476) 長尾景春が鉢形城を築く
文明10年(1478) 太田道灌が鉢形城を攻め落とす。乱を起こした景春は秩父へ逃亡を図る
天文15年(1546) 河越城の戦いで北条氏が山内上杉氏と扇谷上杉氏を破り、後に鉢形城は北条氏の手に落ちる
永禄3年(1560) この頃、北条氏邦の居城となり北関東の拠点として大改修が施される
天正18年(1590) 前田利家と上杉景勝らの攻撃により鉢形城は落城する
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・鉢形城指南/鉢形城歴史館
 
 
寄居駅からはそれほど遠くない
復元された北条流の中世城郭を存分に味わえる城だ
ここでは冬場に訪れた写真ばかりだけど
春は桜が綺麗だし、夏の青々とした夏草と青空も似合う
深沢川沿いには手つかずの自然が残されていた
復元された建物も程よく調和している
鉢形城歴史館には安価な資料も売っているので推奨します
 
鉢形城跡 搦手の石垣 御殿郭跡の土塁
主郭跡の土塁 二の郭跡の馬出し 二の郭跡の空堀
三の郭跡の虎口 復原された石積み土塁 秩父郭跡の馬出し
大手の水堀跡 逸見郭跡 外郭跡の土塁と堀
 
 有名ですね、ここは。北条氏の一大拠点だから規模も大きいし遺構のスケールがでかい。ひとつひとつのパーツが他の城とはちょっと違う。プラモデルで言ったら1/144と1/60のガンダムぐらい違う。大きすぎて歩くのに疲れるぐらい。でも飽きない城でけっこうな数を訪れている。
 いちばん印象に残ったのは真冬の2月に訪れたとき。ちょっと雨模様だったけど枯れた草がいい感じの色合いで美しかった。春先や夏もなかなか綺麗だから季節問わずに行ける城。整備も行き届いており清潔感があってとても好き。
 遺構はもうぜひぜひ実際に訪れて味わってくださいな。外郭跡にある鉢形城歴史館も小さいけどなかなかいいです。周辺はもちろん埼玉県内の城の図面なども展示されているし、頒布されている資料も安いのに読み応え十分だった。城跡から男衾方面へ抜ける道沿いに小さな饅頭屋さんがあって、色とりどりの饅頭を売ってるんだけど、これがまた素朴な味わいで旨いです。あと、寄居名物のタレカツ丼かな。駅前にある老舗は営業時間が短いし臨時休業も多いけど、町の中にいくつかお店があるからぐるなび等で探してみてね。
2004/11/27・2010/02/01・2010/02/11・2010/07/18・2015/05/23
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車
城跡までは徒歩20分程度