陣屋跡の切岸
所在地 埼玉県大里郡寄居町鉢形
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
天正18年(1590) 徳川家康の家臣大河内秀綱が陣屋を構えた
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 日本城郭大系の巻末一覧を読んでいたら鉢形城の近くに近世の陣屋跡があることを知った。空堀が残ると書いてあったので鉢形城を訪れたついでに立ち寄ることにした。今と違って当時はインターネットで検索してもこんなマイナーな史跡はヒットしない。道路地図とにらめっこしつつそれらしい場所を当たってみたがさっぱりわからない。
 半ばあきらめて鉢形城へ向かうことにしたところ、それらしい場所があった。台地のたもとでおじさんが休んでいる。「ここらあたりに大河内金兵衛の陣屋跡はないですか」と尋ねたら案の定「わからない」という。鉢形城歴史館に詳しい人がいるようなことを言っていたから、そのまま鉢形城へと足を進めた。受付の女性に尋ねたが当然わかるわけがない。事務所に行けばわかるかもしれないというので事務所を訪ねると、角刈りの体格のいい人がでてきて周辺の地図を広げて場所を教えてくれた。ただ、最近になって宅地開発があり遺構は失われてしまったという。運が良ければ堀がまだあるかもしれないというから急いで駆けつけてみたら最初に訪れた場所だった。やっぱりそうかと自分の観察眼に酔いしれた。気づけばさっきのおじさんがいるので「やっぱりここがそうでしょ」と聞くと「そうだよ」と言う。随分と人を食った野郎だ。げんこつでもくれてやろうかと思った。
 とにかく台地上に登ってみるとやはり綺麗に整地されている。つい最近まで残っていたらしく埋められた堀の跡が真新しい土だったのですぐにそれとわかった。あと半年でも早く来ていればよかったものを。それでも最後の最後でその勇姿を拝むことができたからよしとしよう。今はおそらく家が建っているはずだ。だから自分が撮影した写真はある意味貴重だとは思う。
2004/11/27
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車
陣屋跡までは徒歩20分程度