男衾館・谷津堀ノ内
 
 
堀ノ内の現況
所在地 埼玉県大里郡寄居町富田
遺構 消滅
現状 農地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 男衾野五郎重任が館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 2月初旬と言えども暖かな一日だった。陽気につられて寄居まで訪れた。桜沢砦の再訪と桜沢堀ノ内の遺構を訪ねてから男衾郷を目指した。歴史の教科書に掲載されていた男衾三郎絵詞を覚えている人も多いかな。あれはフィクションだけど鎌倉武士の館の風景をありありと描いている。男衾三郎という人は架空の人だけど猪俣党に男衾氏は存在する。
 男衾駅から254号線を南へ下ると、途中で道路と東武東上線の線路がぴったりと寄り添う場所がある。ちょうどその辺りが男衾氏の居館に比定される富田堀ノ内らしい。とはいうものの館跡のど真ん中を道路と線路が縦断しているから見るべきものは何もない。館跡の東から南にかけて小さな川が流れているのが堀ノ内の姿を辛うじて伝えているぐらいだった。
2017/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「男衾」下車
館跡までは徒歩20分程度