織原館・折原堀ノ内
 
 
堀ノ内跡の郷土かるた
所在地 埼玉県大里郡寄居町折原
遺構 水堀
現状 農地
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 織原丹五郎泰房が館を構える
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 はじめは冬の寒い雨模様の中、鉢形城を訪れたついでに立ち寄った。二度目は真夏の晴天の下、青々と茂る夏草が爽快な気分だった。織原氏のことはあまり知らない。丹党の一族ということぐらいで特に有名な人は出ていない。AKB48の後ろのほうで踊っている子みたいなものか。
 場所もよくわからないから探すのは難航するかなと思ったら、ぽつんと何か立っている。おぉ、これは群馬や埼玉北部でたまにみかける郷土かるたではないか。しかも「堀の内 織原氏の屋敷跡」ってそのままやないかぃ!とツッコミたいぐらいバッチリ書いてある。北側を流れる水路はたぶん当時の堀跡だろうと思う。これはなかなか儲けた気分になった。
2010/02/01・2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車
館跡までは徒歩40分程度