高城
 
 
用土城跡の現況
所在地 埼玉県大里郡寄居町用土
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑
史跡指定  
 
天文15年(1546) 藤田重利、北条氏邦を養子に迎え天神山城を譲り、自らは用土城を築き隠退する
天正6年(1578) 藤田重連、北条氏邦に毒殺される。重連の弟信吉は出奔して武田勝頼に仕える
天正18年(1590) 前田利家、上杉景勝が鉢形城を攻め落とす。この時、用土城も落城したという
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 猪俣党出身の藤田氏は山内上杉氏に仕えていたが、北条氏の力が北武蔵に及ぶと屈服している。養子に迎えた北条氏邦に家督と居城を譲り、自身は用土城を築き用土新左衛門と名乗って隠退した。これが用土城の成り立ちで石碑の碑文に刻まれていた。
 この頃、僕は美里町や神川町あたりの城跡を主眼に置いていた。そんな成り行きで道中にあった用土城を訪れた。何もないのは知っていたけど石碑があるから記念にと。実際に何もなかった記憶しかない。ただ、近世城郭の櫓みたいな建物があった。これが寄居町の農業ふれあいセンターであることはあとから知った。こうしてみると少し高台にはなっているのがわかる。小さな公園に城跡碑が建っていた。探せば堀跡の畑なんかもあると思う。それでも再訪することはないだろう。
2007/10/05
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「用土」下車
城跡までは徒歩15分程度