赤浜陣屋
 
 
北西の土塁
所在地 埼玉県大里郡寄居町赤浜
遺構 土塁・空堀
現状 昌国寺
目標物 案内板
史跡指定  
 
天正10年(1582) 水野長勝、北条氏に仕え館を構える
天正18年(1590) 北条氏が滅ぶと長勝は徳川家康に仕え能増8百石を与えられる
正保4年(1647) 水野忠貞、伏見町奉行に抜擢され6千石に加増され大和へ国替えとなる
 
参考 小川町の歴史 通史編上巻/小川町・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡遠景 南西の土塁 西側の空堀
北側の土塁 南側の土塁 水野一族の墓所
 
 最初に訪れたときの季節は春、既に草が成長していたが見事な土塁が残っているのを見て驚いた。正直言って遺構は残っていても一部にちょこっとしかないと思っていた。こんなによく残っていたんだと嬉しかった。
 12年後、戦友がここを訪れて草が刈られ雑木も伐採されたことを教えてくれたので久しぶりに行こうという気になった。年齢を重ねても知的好奇心というのは衰えることがない。久しぶりの水野長勝館跡は良い意味で昔と変わっていなかった。戦友の言ったとおり草木が刈られて綺麗だった。以前は何の気なしに見ていた水野氏墓所だが、周囲を土塁で囲まれた独立した郭となっていたことに気づかされた。何度も見るって大事だな。ここを見た人はみんな意外なほど遺構がよく残っていると口にするが、本当にその通りだ。周辺の風景ものどかで良い。近くに川の博物館なるものがあったが、城館廻り優先で立ち寄らなかった。実はとても興味津々でそのうち行きたいなと思っている。
2005/05/06・2017/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「男衾」下車
館跡までは徒歩45分程度