陣屋跡南の實聞寺
所在地 埼玉県大里郡寄居町立原
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
文化5年(1808) 阿部正権、父正由の死去により3歳で家督を継ぎ忍藩主となる
その間、飛び地の領地支配のため陣屋が置かれる
文政5年(1822) 阿部正権、陸奥白河へ国替えとなる
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 阿部銕丸陣屋の存在を知ったのは日本城郭大系を入手したときだから、僕はまだ中学生だった。銕丸ってどう読むのかと思っていた。テツマルなのかテツガンなのか。答えはクロガネマルだった。
 この人は若くして没している。幼児の頃に父を失い、自身も病弱を抱えつつ大名となった。将軍にお目見えする前に死去したために官位も与えられなかった。ひっそりと生まれて消えた青年大名だったわけだ。
 薄幸の貴人が治めた陣屋を見たくなった。鉢形城からそれほど遠くない場所にあるが、今では民家となっていた。陣屋は正権が直接支配を行なっていたわけではないが、この項での紹介が正権の生きた証となればと思う。
2010/02/11
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線「寄居」下車
陣屋跡までは徒歩40分程度