要害山城・愛宕山城
 
 
二の郭跡
所在地 埼玉県大里郡寄居町金尾
遺構 郭・土塁・堀切・石積み
現状 愛宕神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
天文元年(1532) 藤田重利が天神山城の支城として築く
戦国時代 北条氏家臣金尾弥兵衛が在城
天正18年(1590) 鉢形城が落城し金尾山城も廃城となる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・金尾山案内板
 
 
愛宕山はつつじの名所としてそこそこ知られている
だから城下の道路沿いに駐車場があるが広くはない
愛宕神社まで散策路があるので便利だ
以前来たときと比べるとかなり小奇麗になった
主郭跡には望楼風の展望台が建っていた
ここからは秩父鉄道の走る姿がよく見える
遺構はよく残っており戦国の城の姿を伝えている
一部には石積みもあるので要チェックだ
堀切はかなり埋もれて深さはないがはっきりわかる
三の郭跡の広々とした感じがお気に入り
 
金尾山城跡遠景 主郭跡 主郭跡の石積み
二の郭跡 二の郭跡の虎口 二の郭跡の堀切と土橋
三の郭跡 三の郭跡の石積み 城跡からの眺望
 
 はじめて金尾山に登ったときは花園城あたりといっしょに廻ったと思う。場所的に考えて間違いない。紅葉がまだ残りとても綺麗だった。逆に城跡は雑木に覆われていた。
 二度目に来たときは霧に包まれた雨の日だった。雨の日の山城は滑るし濡れるし嫌なんだけど、この日の金尾山城は静寂と濃霧だけに支配されたモノトーンの風景。まさに古城という雰囲気で幻想的だった。雑木が切られており、木材を利用してベンチなどが作られていたが、まだ公園化の途中という感じがした。霧のために遠くを眺めることはできなかったが、今までにないぐらい美しい城跡の姿を見ることができたと思う。
2004/11/27・2011/11/06
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「波久礼」下車
城跡までは徒歩20分程度