石積み
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 石碑
史跡指定 埼玉県選定重要遺跡
 
平安時代末期 藤田五郎政行が花園城を築く
天文15年(1546) 藤田重利、北条氏邦を養子に迎え花園城を譲り用土城へ隠退
天正18年(1590) 鉢形城の落城により花園城も廃城となる
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
 
 
善導寺の西に小さな神社があるがそこから登ると早い
明確な道は消えているがすぐに竪堀がある
竪堀を真っ直ぐ登れば尾根に出るのであとは楽勝
ただ、藪がひどいため自分の場所がわからなくなる
図面を見ながらでも同じような段郭があってわかりづらい
段郭は城の遺構ではなく耕作地という意見もあるが
他の藤田氏系の城郭を見ても遺構と考えて良いかと思う
見学しづらい城だが山城の遺構としては一級品
 
花園城跡 竪堀 石積み
虎口 堀切 土橋
堀切 主郭跡の土塁 二重竪堀
 
 関東在住の城跡ファンには知られた城だと思う。ただ、藪がひどいし道がないため迷いやすいと聞かされていた。迷っても低い山だから南側の麓を目指せば良いわけだが、竪堀さえ見つけてしまえばそれほど苦労しない。はじめての訪問はあまり覚えていないが、とにかく石積みがたくさんあるなあとは思った。秩父地方でよく見られる緑泥片岩というやつ。天神山城と千馬山城といった藤田氏の城によく見られる岩だ。
 二度目の訪問のときはそれほど苦労せずに登れた。やはり一度来ていると違う。サクサクと尾根まで出たあとは東から西まで舐め回すように見た。2月だったから蜘蛛の巣もないし葉も落ちているから二重竪堀などがよくわかった。何よりも堀切の凄さに目を見張った。主郭手前の堀切は広々としているからここで食事をした。主郭には立派な石碑があるけど、それ以外はまったく手つかず。もう少し手をかければいいのにと思う。県指定史跡でもおかしくない規模と遺構の巧みさを持ち合わせた城だと思う。
2004/11/27・2010/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線・東武東上線・秩父鉄道「寄居」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩10分程度