竪堀
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
遺構 郭・土塁・空堀
現状 御嶽神社
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 藤田氏が花園城の支城として築城
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社
 
 
少林寺に登山道入口あり五百羅漢の道を登る
東屋のある広々とした場所の手前に西へ進む分岐あり
道は綺麗に刈り払われているので西へ登ると二の郭へ
石碑が建ち並ぶ主郭は草刈りされているが
横堀や竪堀は整備されていない
主郭の南から西にかけて見応えある遺構が続く
特に竪堀は圧巻の規模で綺麗に残っている
 
花園御嶽城跡 二の郭跡 二の郭跡の土塁
主郭跡東の横堀 主郭跡の土橋 主郭跡
西側の腰郭 南側の竪堀 横堀を囲む土塁
 
 はじめてきたときは五百羅漢を越えた石碑のある場所が城跡かと思い、そこで一服して帰ってしまった。きちんとした遺構が残ることを知り、その後も二回訪れているが、小さいながらもとてもよく遺構が残されている良い城跡だ。
 以前は入口がわからなかった城跡への道もすっきりと草木が刈られている。信仰の石碑が林立する主郭跡は荘厳かつ不気味な雰囲気がする。そこから斜面を下ると腰郭や横堀、竪堀がぎゅっと詰まっている。濃縮したオレンジジュースのように濃厚な遺構だ。
 コンパクトな山城だけど必要最低限の土木作業で構成された城だと思う。広大な規模を誇る城もいいけど、こういったシジミ30個分のエキスみたいな城跡が好きだ。時間をかけずに廻ることができるから疲れない。あまり知られていないけどここはお奨め。
2010/02/01・2017/01/19
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「波久礼」下車
登山道入口の少林寺までは徒歩30分
城跡までは徒歩20分程度