花園館
 
 
水堀と土塁
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 藤田五郎政行が館を構える
寿永3年(1184) 藤田行康、源範頼に従軍し生田の戦いで討死
承久3年(1221) 藤田能国、承久の乱に出陣し先陣を務める
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・戦国人名辞典/新人物往来社
 
 藤田氏の居館跡と伝わる場所は秩父鉄道の波久礼駅と寄居駅の中間で荒川沿いの段丘にある。わずかだが波久礼駅からのほうが近く、秩父鉄道を挟んで北には花園城がある。冬の寒い雨の日に鉢形城とその周辺の城館跡を歩いたのだが、藤田氏館については隣接する箱石館と併せて紹介された資料が入手できたので訪れてみた。
 居館跡は民家となっていた。ちょうど玉淀発電所のすぐ北東に隣接する場所だ。水堀跡が小川となって今も館を廻る。土塁は耕地化で削られたみたいな感じがするが台地縁にその痕跡を残していた。
 藤田氏はここを居館として中世を生き抜いたが、室町時代以降は山内上杉氏に仕えて花園城を居城としている。やがてそれも北条氏に奪われて藤田重連は北条氏邦に殺された。重連の弟とされるのが藤田信吉だ。僕は個人的に信吉に対して興味を持っている。乱世はこうやって生き残るというのを生き様で示したような武将だ。北条氏、武田氏、上杉氏の間を渡り歩いた人生。最後は上杉景勝のもとを出奔して徳川家康のもとで大名にまでなった。僕も転職をけっこうしているので信吉の生き様は共感できる。真田昌幸や藤堂高虎なんかも大好きだ。どこに行っても一流になれる人はやはり強い。
2010/02/01
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「波久礼」下車
館跡までは徒歩20分程度