復元された梵鐘
所在地 埼玉県大里郡寄居町末野
遺構
現状 山林
目標物 案内板
史跡指定  
 
鎌倉時代 猪俣範綱が砦を築いたとの伝承あり
戦国時代 藤田重利が花園城の支城を築く
天正18年(1590) 本多忠勝の軍勢に攻め落とされ梵鐘も持ち去られたという
 
参考 鐘撞堂山案内板
 
 
寄居駅からハイキングコースの道標に従えばいい
寄居町は登山道や文化財の案内が多くて便利だ
登山道もしっかりしているから迷うこともない
熊注意の看板があるし実際に捕獲例もあるけど
熊よりもイノシシのほうがたくさんいそうだ
実際にこの日も笹藪の中でガサゴソしていた
遺構と言えるのは山頂の平場ぐらいだが
道中の尾根にも平場があった
鉢形城と猪俣城、虎ヶ岡城を繋ぐ烽火場なので
特に土木作業が施されたわけではないのでこんなものか
 
鐘撞堂山 山頂の平場 山頂からの眺望
 
 前々から鐘撞堂山はその名前から鉢形城に関わる軍事施設だろうとは思っていた。ハイキング本なんかを読んでもそれらしいことが書いてある。遺構がないためずっと行かなかったけど、寄居町の城館の再訪を始めたときに猪俣城を訪れるついでに立ち寄った。立ち寄ったというよりも猪俣城への道中にあるから嫌でも通ることになるわけだった。
 とても気持ちの良い山道だった。風はあったけど1月にしては暖かい日だ。汗をかきかき登り詰めると山頂に平場があり、鐘撞堂山の由来にもなった梵鐘が復元されている。他にも人がいたから鐘を鳴らすことはしなかったけど鳴らしてみたかったな。案内板は実に事細かく山の由来について記されていたのに驚いた。下手な城の案内板よりも詳細だ。ここは城館扱いされていないのか、本や悉皆調査にも載らないけど、どう考えても砦跡だったことは明白だから自分は取り上げることとした。
2017/01/12
 
公共交通機関 地図リンク
東武東上線・JR八高線・秩父鉄道「寄居」下車
登山道入口までは徒歩40分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項