亀城
 
 
本丸跡の土塁
所在地 埼玉県行田市本丸
遺構 郭・土塁・水堀・城門
現状 山林
目標物 行田市郷土博物館
史跡指定 埼玉県指定旧跡
 
文明10年(1478) この頃に成田正等が忍城を築く
天文22年(1553) 北条氏康が忍城を攻めるが落城せず
永禄2年(1559) 上杉謙信が忍城を攻囲し民家を焼き払う。成田長泰人質を差し出し謙信と和睦
天正2年(1574) 成田長泰、謙信から離反し北条氏に属す。怒った謙信は忍城を囲むが落城せず
天正18年(1590) 6月、石田三成が水攻めを行うも堤防の決壊により失敗
7月、小田原城開城により忍城も開城する
8月、松平家忠が1万石で入封
文禄元年(1592) 松平忠吉が10万石で入封
寛永3年(1626) 松平信綱が3万石で入封
寛永16年(1639) 阿部忠秋が5万石で入封。後に10万石に加増
文政6年(1823) 松平忠堯が10万石で入封
明治2年(1869) 版籍奉還により廃城
 
参考 埼玉の城址30選/埼玉新聞社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
広大な沼沢地に築かれていた忍城は原型を留めない
本末周辺の一部の遺構と水城公園の沼が当時を伝える
城跡の面影を取り戻そうとする復元の努力は感じられる
櫓や門のあった場所には石碑が建っているし
のぼうの城の舞台となったことでいろいろ便利になった
道標や復元図などがあちこちにあり参考になる
諏訪郭周辺は中世城郭の雰囲気が残り
難攻不落の浮き城のイメージを少しだけ感じさせる
 
御三階櫓 本丸跡の復元土塁 復元された鐘楼
本丸跡の土塁 本丸跡の土塁 諏訪郭跡の土塁
諏訪郭跡の土塁 諏訪郭跡の土塁と水堀 水城公園の水堀遺構
 
 映画にもなった忍城へは何度か訪れている。20代の頃にも一度来ているがあまり覚えていない。30歳を過ぎて中学時代の友人と行田駅から自転車を借りて訪ねたことがある。ちょうどゴールデンウィークで郷土博物館では甲冑の試着をしていた。自分は「武者面だから似合うなぁ」と言われたが、友人はえらくこき下ろされていたのが楽しかった。ビール片手にゼリーフライを食べつつ散策し、営業していた食堂でフライを食べた。ゼリーフライはなかなか旨いと思ったけどフライはなんとも薄っぺらで、これならお好み焼きのほうがずっといいと思った。
 その次は秋、まだ残暑がきつい頃で、忍三郎や行田兵衛尉の館跡といっしょに回った。好天に恵まれて三階櫓なんかも綺麗だったが、この日は本丸土塁を中心に歩いたので博物館には入らなかった。
 10年後にまた訪れてみたくなった。別に映画の影響を受けたわけじゃない。草の刈れた時期に諏訪郭周辺の遺構を確認したかっただけ。あいにくの曇り空だったけど、おかげで光線を気にせず写真を撮ることができた。平日だったから水城公園のゼリーフライの店は休みで心残りができたが、ゼリーフライ単体で訪れるのはきつい。行田は遠いから電車賃もバカにならないし、オカラを用意して自宅で作ることにしよう。
2003/05/03・2006/09/02・2016/03/18
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「行田市」下車
朝日バス「熊谷駅」行きで「忍城」下車
城跡までは徒歩1分程度