遍照院
所在地 埼玉県行田市駒形
遺構 消滅
現状 遍照院
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 忍氏が居館を構える
承久3年(1221) 忍四郎が承久の乱で討死
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 9月のはじめだから暑い日だった。忍城周辺の館跡を廻ってみようと思ったが暑さに参った思い出がある。水城公園の南にある遍照院が忍三郎の館跡と伝わる。行田市内の城館跡は板碑みたいなかたちの石碑が建っていることが多いが、遍照院境内や周辺を捜してみたけど忍三郎館の石碑はなく、案内板なども見当たらなかった。のぼうの城が公開されてから行田市はちょっとした観光ブームに沸いた時期がある。正木丹波の屋敷跡なんてものが案内図に書き加えられたりしたけど「本当かよ」と思ってしまう。忍氏の歴史のほうがずっと古いわけだし、こっちにも何か石碑でもと思うが。
2006/09/02
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「行田市」下車
館跡までは徒歩30分程度