石田堤跡の石碑
所在地 埼玉県行田市堤根
遺構 土塁
現状 石田堤史跡公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
天正18年(1590) 石田三成が忍城を水攻めするため築堤を行うも堤防は決壊し失敗に終わる
 
参考 石田堤案内板
 
 
史跡公園に残る土塁 河川沿いの土塁 丸墓山古墳
 
 忍城には何度も訪れているのに石田堤は一度も行く機会がなかった。一度ぐらいは見ておきたかったので吹上駅から歩いてみた。途中、新幹線の高架をくぐったところに石田堤史跡公園なるものがあった。これは事前に知らなかったので意外な発見だった。公園内には整備された土塁が残り、案内板も設置されていた。
 さらに歩いてみる。小川に沿って盛り上がる土。これこそ築堤土塁ではないか。そう思いながら歩いているうちに石田堤の案内板と石碑があった。思ったよりも立派な遺構だったから嬉しい。堤は途中で途切れたりもしながらさきたま古墳の丸墓山まで続いている。石田三成が督戦した場所だ。忍城そのものよりもこっちのほうが楽しいぐらいだ。
 道中にも石田三成の忍城攻めの図がありましたねぇ。自信満々で忍城を見下ろす図、そして堤防が決壊しギャフンとなる図。悪意があるとしか思えないようなオチだった。師匠の秀吉みたいにうまくはいかなかったわけだが、最近になって三成擁護論というか、もともとこの作戦は成功を意図していなかったという論評がある。いやいや、単純に考えて失敗でしょう。ここでしくじらなかったら関ヶ原でももう少し舐められなくて澄んだのにね。
2016/03/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「吹上」下車
史跡公園までは徒歩30分程度