高山古墳
所在地 埼玉県行田市真名板
遺構 消滅
現状 花蔵院
目標物 石碑
史跡指定  
 
鎌倉時代 真名板五郎次郎経朝が館を構える
寛元元年(1243) 経朝、正月行事の御弓始の射手を務める
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 鎌倉時代の館跡を戦友と訪ね歩いた。行田市から加須市あたりはそんな場所がたくさんあって楽しい。季節は春、風薫る5月だ。おだやかな薫風と青い空は今もよく覚えている。
 花蔵院境内が真名板氏の館跡になる。それよりも巨大な高山古墳のほうがずっと有名だ。あとは板碑だの石碑だのがたくさん並んでいた。たしかこの館跡は石碑があったはず。そう思って林立する石碑を調べてみたが見当たらない。植え込みの中に小さな真名板邸跡と刻まれた碑はあるものの、行田市内でよくみかける板碑タイプの石碑がないのだ。公民館みたいなのがあって、その脇に何か落ちている。見たら真名板氏館跡の石碑が粉々になって置かれていた。大きさといい硬さといい、マナイタにぴったりではあるが、誰がなぜあんなことを。
2015/05/05
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「鴻巣」下車
朝日バス「真名板十字路」行で「薬師前」下車
花蔵院までは徒歩1分程度