本丸跡の切岸
所在地 埼玉県本庄市本庄
遺構 土塁・空堀
現状 本庄市役所
目標物 石碑・案内板
史跡指定 本庄市指定史跡
 
弘治2年(1556) 本庄実忠が本庄城を築く
永禄10年(1567) 北条氏邦、本庄城を攻撃し本庄実忠は降伏する
天正18年(1590) 本庄近朝、小田原城に籠城し自刃。本庄城も豊臣軍の攻撃で落城
小笠原信嶺、1万石で本庄城へ入封
慶長17年(1612) 小笠原信之、下総古河へ転封となり本庄城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
城跡碑 土塁と堀跡 堀切
空堀 土塁 本庄実忠手植えの欅
 
 高校3年生の春休み、卒業式を間近に控えた冬の日に本庄城を訪れた。このときにはもうマイナーな城郭に手を出していたわけだ。昭和の終わり頃で既に本庄城は城としての体裁を失っていた。市役所敷地となり石碑と築城当時から植わっている欅の巨木を撮影して帰っている。30年以上むかしのことだが、そのときに撮影した写真とネガはまだ保管している。
 それから四半世紀近く時が流れた。フイルムの時代はどうしても撮影枚数が少なくなる。デジタルカメラはいくらでも撮影できるから便利な世の中になったものだ。デジタル画像を記録するために再び本庄城へと訪れた。早朝から高崎線沿いの城跡を廻った。たしか岡部町を皮切りに相当数を訪れたと思う。本庄城へ着いた頃は午後2時を回り、少し太陽が傾きかけていた。
 高校生の自分とは城を見る目がずいぶんと成長し残された本庄城の遺構を浮かび上がらせることができる。もっともそれはインターネットでの情報流通の所産だ。便利でありがたいと思うし役立つことは確かだが、高校生の頃のように自分の目と勘を頼りに城を歩いた時代がとても懐かしい。
 今も探せば土塁や堀の跡が断片的に残っている。本庄実忠が築城時に植えた欅は立ち枯れてしまっているけど、太い幹は本庄城の変遷を見届けてきた生き証人。僕が撮影した写真の記録などとうてい及ばない歴史を欅は刻んでいる。
1986/03/18・2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「本庄」下車
城跡までは徒歩10分程度