本丸跡の切岸
別 称  
所在地 埼玉県本庄市本庄
遺 構 土塁・堀切
現 状 本庄市役所
目標物 石碑・案内板
史跡指定 本庄市指定史跡
訪問日 1986/03/18
2010/01/04
 
弘治2年(1556) 本庄実忠が築く
永禄10年(1567) 北条氏邦が本庄城を攻撃し本庄実忠は降伏
天正18年(1590) 前田利家らの攻撃で落城。徳川家康の家臣小笠原信嶺が1万石で入封
慶長17年(1612) 小笠原信之が下総古河へ転封となり廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社
日本城郭大系/新人物往来社
本庄城跡案内板
 
 
JR高崎線「本庄」下車 徒歩10分
 
 
城跡碑 二の丸跡の土塁 二の丸跡の堀切
東郭跡の切岸 本丸跡の土塁 本庄実忠手植えの欅
 
 高校の卒業式を控えた冬の日にはじめて本庄城を訪れた。このとき既に人が訪れないような無名の城郭に興味を持っていたことになる。昭和が終わりに近づく頃だったが、本庄城はもう城としての体裁を失っていた。城跡には市役所が建設され、堀底まで住宅が建ち並んでいる。何の手がかりもなく5万分の1の道路地図だけを頼りに訪れたが、石碑を見つけて嬉しかったことを覚えている。その石碑と築城当時に植えられたという欅の巨木を撮影して本庄城を立ち去った。そのときに撮影した写真とネガは今も保管してある。
 それからざっと四半世紀が過ぎた。フイルムの時代は終わりデジタルカメラの時代が訪れた。撮影枚数を気にすることなく撮影できるのは本当にありがたいことだと思う。本庄城の遺構をもっと探りたい気持ちが高まり再訪した。早朝から旧岡部町の城館跡を訪ね歩き、本庄城へ着いたときにはもう午後2時を過ぎていた。真冬の太陽はもう傾きかけている。
 高校時代の自分からは遥かに成長した目で見る本庄城は、考えていたよりも遺構が残されていた。インターネットの恩恵もあり、今ではピンポイントで遺構のある場所まで訪れることができる。とても便利で時間と労力の節約にもなることは確かだが、昔みたいに地図と勘を頼りに城を歩いた時代も懐かしい。
 細長い台地上に土塁や堀跡が断片的に残っている。本庄実忠が植えた欅は立ち枯れてしまっているが、太い幹は本庄城の変遷を見届けてきた生き証人ということになるだろう。最近になって最初に築かれた本庄城は今の城跡よりも東の台地にあったという説が提起されている。本庄古城とも呼ぶべき城が存在し、小笠原氏の時代に今の本庄城が築かれたという。そうなると実忠手植えの欅はどうなってしまうのだろう。徳川家康が関東へ入国したときに家臣たちは従来からあった城館を利用していることが多い。小笠原信嶺も1万石の身代だから新たに城を築くということはなかったのではないか。何が真実なのかはわからないが、学説や僕が撮影した写真の記録などとうてい及ばない歴史をあの欅は刻んでいる。