家長城
 
 
西面の水堀
所在地 埼玉県本庄市栗崎
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 庄家弘が栗崎館を築く
鎌倉時代 庄家長が北堀に館を築き移り住む
 
参考 武蔵武士/まつやま書房・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
栗崎館跡遠景 折をつけた水堀 北面の水堀
 
 ここを訪れたときは早朝に岡部駅を出発して城館跡を訪ね歩いた。岡部駅から本庄駅への道中、交通手段は徒歩のみ。地方の路線バスは本数が少ないからあてにならない。自分の脚だけが頼りだ。
 随分と長い時間を歩いたようでかなり日差しが傾いている。岡部駅からここまでの間に訪ねた城館跡はどこもそれほど遺構が残っていなかった。事前にわかっていることとはいえ気持ちが淡々としてくる。そんなときに目に飛び込んできたのが栗崎館の堀だった。一目見てもすぐに堀とわかる。このときに喉が渇いてコーラを飲んでいた。堀を見た瞬間に「おぉ!」と声を上げてコーラを口から噴き出してしまったことを当時のブログに綴っている。
 民家だから中には入れないけど、外周から遺構を見るだけでも十分だと思う。美しいカーブを描く堀跡と遠目に見てもいくぶんか高いところに築かれている館の中心部。これを見るために自分は旅を続けているようなものだから嬉しかった。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「本庄」下車
武蔵観光バス「寄居車庫」行きで「栗崎」下車
館跡までは徒歩5分程度