東本庄館
 
 
東本庄稲荷神社
所在地 埼玉県本庄市北堀
遺構 消滅
現状 東本庄稲荷神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
平安時代末期 庄小太郎頼家が居館を構えた伝承あり
室町時代 本庄宮内少輔信明が居館とする
弘治2年(1556) 本庄実忠が本庄城を築き館は廃される
 
参考 東本庄稲荷神社案内板
 
 本庄市内の城館探訪としたときに立ち寄った。館跡周辺は運動公園となっているため遺構は何も残っていなかった。真っ赤な鳥居が眩しい東本庄稲荷神社の案内板にはここが本庄氏の館跡だったことが簡潔に記されていた。本庄氏の居館跡と伝わる場所はいくつかある。平安時代末期から繁栄した児玉党の総本家だから一族の館跡がいくつかあるのは当然だ。遺構があるものもあれば、ここみたいに消滅してしまった場所もある。この日はたくさんの城館跡を廻ったが、本庄氏の足跡を訪ね歩くのは楽しかった。
2010/01/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「本庄」下車
本庄市循環バス・南循環東コースで「総合公園」下車
館跡までは徒歩5分程度