四方田堀ノ内
 
 
北側の水堀
所在地 埼玉県本庄市四方田
遺構 水堀
現状 光明寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 四方田三郎弘長が居館を構える
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
水堀 水堀 四方田家墓所
 
 児玉党庄氏の一門四方田氏の居館跡を訪ねたのは夏の暑い日だった。突き抜けるような夏空が印象に残っている。戦友と児玉党の居館跡を中心に訪ね歩いた旅だったが、車で訪れたので楽だった。四方田氏の館の最寄駅は新幹線の本庄早稲田。居館ひとつ見るために新幹線を使うのはなんとも不経済なことだ。
 光明寺を中心にして内堀と外堀が残り、今も末裔が居住していた。8百年間、同じ場所に根を下ろしているのは実に素晴らしい。四方田というのは難解な地名だ。地名としての読みはシホウデンであり苗字としてはヨモダやヨモタと読ませるらしい。四方田氏の末裔の中に明智光秀に仕えた四王天政実がいる。本能寺の変で森蘭丸を討ち取ったと伝わる豪傑である。元々は四方田と名乗っていたが、後に四王天と改姓している。光秀が没落した後は青木氏に仕え、最後は結城秀康に招かれて家臣となった。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線「本庄早稲田」下車
館跡までは徒歩20分程度