金鑽神社
所在地 埼玉県本庄市西富田
遺構 土塁
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 富田親家が居館を構える
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 夏の暑い日に児玉党の居館跡を中心に訪ね歩いた。武蔵七党の中でも精強を謳われた一族だ。富田氏の居館は市街地に埋没しているが、航空写真で見ると方形居館の姿が何となくわかる。今も僅かではあるが土塁が残っているらしいからそのうち再訪してみたい。
 富田氏の祖となったのは児玉家行の三男親家。千人に勝る強力で知られた坂東武者であった。建保元年(1213)の和田義盛の乱で義盛方に加担して捕らえられたが、その怪力ぶりを伝え聞いた源実朝は親家の力量を惜しみ家臣として用いた。恩義を感じた親家は鎌倉幕府に忠勤を励んでいる。この日は夏祭りがあったようで児玉党が崇めた金鑽神社では子ども神輿の元気な掛け声が心地よく響いていた。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR上越北陸新幹線「本庄早稲田」下車
館跡までは徒歩25分程度