八幡山城
 
 
水堀
所在地 埼玉県本庄市児玉町八幡山
遺構 郭・土塁・空堀・水堀
現状 城山公園
目標物 案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
寛正年間(1460〜66) 山内上杉氏に仕えた夏目実基が築城
永禄年間(1558〜70) 北条氏邦が雉岡城を攻略し横地忠春を配置する
天正18年(1590) 前田利家らの軍勢に攻め落とされる
北条氏滅亡後、徳川家康の家臣松平家清が1万石で入封
慶長6年(1601) 松平家清、三河吉田へ転封となり雉岡城は廃城となる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
大部分が学校建設のために失われている
城跡公園として整備されているのは全体の4分1程度だ
それでも土塁や水堀がよく残っているので楽しい
特に水堀はたいへん美しく目を奪われた
堀底に夜泣き石と名付けられた石がある
城主の寵愛を受けた腰元が正室から殺された云々という
いろいろな城であるような怪異譚だ
そのことはWikiなんかで見てください
 
大手跡土塁 大手跡水堀 水堀
土塁 櫓台 馬出し
土塁 土塁 夜泣き石
 
 八高線で児玉町の城跡を廻ったときに真っ先に立ち寄ったのが雉岡城だった。というより駅からいちばん近い場所にあったのが真相である。早くに埼玉県の史跡指定を受けているのに学校建設で城跡の大半が失われている。城跡公園に残る遺構は4分の1ぐらいだけど実によく残っている。これが全部そのまま残っていたらと思うとつくづく惜しいことをしたと思う。
 土塁の規模といい水堀の美しさといい、この城はとてもお気に入りだ。そのわりにはこの後も1度しか再訪していない。電車だと八高線を利用することがとても煩わしい。タイミングが悪いと2時間に1本しか来ない列車に身を委ねる気にはならないのだ。
 雉岡城の堀底に夜泣き石という石がある。これがまたゲゲゲの鬼太郎に出てきそうな石だった。たぶん泣かないとは思いますよ。でも、夜中に懐中電灯で照らしたら不気味だろうな。赤ん坊の泣き声なんか聞こえてきたら気を失うだろうな。そんな妖気漂う石だった。それとずいぶんと昔に訪れた城跡のため土塁や堀がどの郭にあったのかさっぱりわからないので、そろそろもう一度行こうかなという機運が高まる城ですね。
2007/10/05
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「児玉」下車
城跡までは徒歩10分程度