堀跡の道路
所在地 埼玉県本庄市児玉町蛭川
遺構 消滅
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
鎌倉時代 庄高家が居館を構え高家の定重が蛭河太郎と名乗る
応永23年(1416) 上杉禅秀の乱が起きる。禅秀側に加担した蛭河氏は没落する
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・児玉町史/児玉町
 
 
平重衡の首塚    
 
 戦友の案内で平重衡の首塚を見物した。同時にそのとき自分たちが歩いている場所が蛭川氏の居館跡であることを知った。航空写真で見ると方形居館のかたちを残しており、堀跡がそのまま道になっている。蛭川一族の武勇を重衡の首塚だけが物語っている。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「本庄」下車
朝日バス「児玉折返し場」行きで「蛭川」下車
館跡までは徒歩5分程度