御嶽神社
所在地 埼玉県本庄市児玉町秋山
遺構 消滅
現状 御嶽神社
目標物 案内板
史跡指定  
 
南北朝時代 秋山新蔵人光政が居館を構える
正平6年/観応2年(1351) 秋山新蔵人光政、賀茂河原の戦いで安保直実と一騎打ちをすると伝わる
 
参考 広報こだま/児玉町・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
館跡の現況 御嶽神社案内板 御神体の男根
 
 秋山集落は駅からも遠くバスも通っていない上に小山川に架かる橋も少ない陸の孤島のような集落だ。この日は戦友とともに車で移動したから苦労はなかったが、児玉駅から歩いたら1時間はかかる。真夏だったので車はありがたいとつくづく思った。
 秋山には秋山新蔵人神社というそのものズバリと言った名前の神社がある、当然、そこが館跡だと思ったが、新九郎の居館は御嶽神社と新蔵人神社の中間あたりにあったらしい。御嶽神社の案内板に秋山新蔵人とその居館についての記載があるのが多少なりとも手がかりとなった。秋山新蔵人は甲斐源氏の秋山氏と同族という。武田信玄に仕えて勇猛ぶりを謳われた秋山虎繁と同じ秋山氏だ。
 秩父の長瀞に仲山城という山城がある。仲山城主の阿仁和兵衛直家と秋山城主の秋山新九郎続照が侍女を巡る色恋沙汰で合戦に及んだというなんとも人間臭い逸話が残る。秋山新蔵人と秋山新九郎は似た名乗りだし時代も同じ南北朝の頃だから同一人物なのかなとも考えた。
 遺構もない秋山氏の故地だが、御嶽神社の御神体がまた民俗色豊かなもので、大きな男根がいくつも飾られているのだ。今の世の中ならセクハラだとか言われてしまう代物というか逸物だ。本来、宗教とか祭りというのは性的な側面も持ち合わせている。それを見た目だけの問題で頭から否定されてしまう風潮は文化の衰退であり貧困な感性しか持ち合わせていない証拠だと思う。昨今はそんな無菌培養みたいな人間ばかりが増えてきて世の中がつまらなくなった。祭りや風習がどんどんと寂れていくわけだ。
2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「児玉」下車
館跡までは徒歩60分程度