真鏡寺館
 
 
水堀
所在地 埼玉県本庄市児玉町塩谷
遺構 土塁・空堀・水堀
現状 真鏡寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
平安時代末期 塩谷平五太夫家遠が居館を構える
元暦元年(1184) 塩谷太郎経遠、木曾義仲の郎党長瀬重綱を討ち取る
 
参考 埼玉の中世城館跡/埼玉県立歴史資料館
 
 
真鏡寺 境内の地形 土塁
 
 児玉党塩谷氏の居館跡は真鏡寺となっている。門前にある保育園の東に水堀が一部残っていた。境内に上がると本堂の裏に土塁と堀状の地形が残されていた。渋谷金王丸のものと伝わる墓石があるのだけど二度訪れているのに見ていない。武士の居館が寺院になっていることはよくあるけど、そういう場合は境内の案内板等に目を通すことにしている。だけどここは塩谷氏のことについては書かれていなかったように思う。
2007/10/05・2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「児玉」下車
真鏡寺までは徒歩30分程度