北東の水堀
所在地 埼玉県児玉郡神川町池田
遺構 土塁・水堀
現状 宅地
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 御嶽城主斎藤氏の家臣卜部修理が屋敷を構える
江戸時代 甲斐武田氏の旧臣松本左京大夫が池田屋敷に居住する
 
参考 日本城郭大系/新人物往来社
 
 
池田屋敷跡 北側の水堀 南側の土塁
 
 退屈な気分に支配されることが多かった神川町の城館探訪の中で御嶽城を除くと唯一遺構に出会えた城館が池田屋敷だった。特に北側から西側にかけての水堀がよく残っていた。武田氏滅亡後にこの地へ来た松本氏の屋敷だった経緯があり、今もこの辺りは松本さんが多い。
 南側には土塁も残っており優良物件だと思うが、今も人が住んでいることと水堀を見るには畑を横切らなければならないので、見学するときは作物を踏み荒らしたりしないようにしてくださいね。
2007/10/29・2010/07/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「丹荘」下車
朝日バス「神泉総合支所」行きで「新宿」下車
屋敷跡までは徒歩10分程度