高見城
 
 
二の郭跡の石垣
所在地 埼玉県児玉郡神川町渡瀬
遺構 郭・土塁・堀切・石積
現状 山林
目標物 標柱
史跡指定  
 
文明12年(1480) 安保吉兼が金鑽御嶽城を築く
天文21年(1552) 北条氏康、安保泰広が守る金鑽御嶽城を攻略する
永禄12年(1569) 武田信玄、長井政実が守る金鑽御嶽城を攻略する
元亀3年(1572) 武田氏と北条氏が和睦し金鑽御嶽城は北条氏へ返還される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
 
 
金鑽神社からの登山道はウッドチップの気持ちの良い道
尾根から主郭まではハイキングコースがあり歩きやすい
冬でも藪が多く大部分の遺構は散策路を外れた場所にある
主郭から二の郭へも行きづらいが見事な石積みあり
西郭は堀切以外には特筆するような遺構はなかった
石積みも見られるがいずれも小規模で遺構ではないかも
東郭も特筆すべき遺構はないが眺望が素晴らしい
 
金鑽御嶽城跡 鏡岩 東郭跡の物見岩
主郭跡の堀切 喰い違い虎口 主郭跡
西尾根の堀切 西郭跡 二の郭跡の堀切
二重堀切 金鑽神社 多宝塔
 
 最初は秋だったから藪がひどくて主郭まで見たところで下山した。二度目は戦友と一緒で季節は真冬。隅から隅までじっくり堪能した。標高はそれほど高くないが道が悪い上に藪が多いので歩きづらい。でも歩きづらい場所にこそ凄い遺構が眠っているのだ。
 二の郭に残る石積みは石も大きく意外と高く積んである。堀切もなかなか豪快に尾根を断ち切っていた。それにしてもこの山は陰鬱な雰囲気があり山登りの爽快感よりも重苦しい気持ちが支配する。眺望もいいし落ち着いた雰囲気なんだけどなぜだろう。
 麓の金鑽神社と多宝塔もまた見事なものだった。休日でもそんなに参拝客がいないので落ち着いて散策が楽しめる。何やら隠れ里めいた神秘的な雰囲気がとても好きで埼玉県下ではお気に入りの山城だ。
2007/10/29・2012/02/18
 
公共交通機関 地図リンク
JR八高線「丹荘」下車
朝日バス「神泉総合支所」行きで「新宿」下車
登山道入口までは徒歩30分
城跡までは徒歩20分程度
特記事項