主郭跡の土塁
所在地 埼玉県児玉郡神川町下阿久原
遺構 郭・土塁
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
戦国時代 長井政実が金鑽御嶽城の物見台として構築したと考えられる
 
参考 長井氏の研究/浅見良治
 
 
飯盛山物見遠景 帯郭 山頂からの眺望
 
 戦友とともに訪れた物見台だ。秩父を通り抜けて群馬へ出るとき、いつもこのピラミッド型の山が目に入った。戦友が言うには「あの山は城跡だそうですよ」とのこと。この日は「一度登って調べてみましょうか」と言うので「行きましょう」と答えた。
 ゴルフ場内にあるため少し登山道を探るのに手間取ったが合併前の神泉村時代から伝わっていた年中行事でこの山に登る習わしがあり、山への道も立派な町道のようなので堂々と登った。小高い丘程度の山だけど登るとなると少しは時間がかかる。4月上旬だからまだ肌寒い。
 登ってみると意外にも城としてのかたちを成しているではないか。帯郭が廻り土塁も残っている。ゴルフ場建設でどの程度の地形の改変があったのかはわからないけど信仰対象の山なら手は加えていないかもしれない。ここから眺める風景は美しい。同時にこの眺望の良さが戦国時代の領主にとってはなくてはならない目と鼻だったのだと思う。
2014/04/06
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「本庄」下車
朝日バス「神川町神泉総合支所」行きで終点下車
城跡までは徒歩15分程度