長浜館
 
 
土塁と水堀
所在地 埼玉県児玉郡上里町長浜
遺構 土塁・水堀
現状 宅地・農地
目標物 石碑
史跡指定  
 
平安時代末期 長浜三郎信光が築く
建武4年(1337) 長浜六郎左衛門光経、新田義貞に従い出陣し越前金ヶ崎城で討死
天正10年(1582) 北条氏の家臣笠原掃部が浮浜城を守るが神流川の戦いで落城
 
参考 武蔵武士/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石碑 土塁と水堀 土塁と水堀
 
 時は金なりとはよく言ったもの。浮浜城へ向かう道中、戦友が「あの城はいいですよ。土塁と堀がよく残ってますから」とうきうきした表情で話しかけてきた。浮浜城だけにうきうきした気持ちで向かったが、そこで見たものは変わり果てた姿だった。整地されてほとんど削り取られた土塁とどこにでもあるコンクリートの側溝と化した水堀。戦友も自分も呆気に取られていると、ちょうど重機に乗った土地の人が嬉々とした表情で「この何日かの間できれいにしたんだよ」と言った。土地の人がやることだから文句もないが、自分にとっては「きれいじゃなくなった」姿だった。もう1ヶ月も早く訪れていたら最後の雄姿を見られたものを。
2010/05/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「神保原」下車
城跡までは徒歩60分程度