太瑯城・金久保城
 
 
土塁
所在地 埼玉県児玉郡上里町金久保
遺構 土塁
現状 金窪城址公園
目標物 石碑・案内板
史跡指定 埼玉県指定史跡
 
治承年間(1177〜81) 加治家治が金窪城を築く
元弘年間(1331〜34) 新田義貞の家臣畑時能が金窪城守る
寛正年間(1460〜66) 斎藤盛光が居城。曾孫定利は北条氏に降る
天正10年(1582) 神流川の戦いの前哨戦で滝川一益が金窪城を攻め落とす
天正19年(1591) 徳川家康の家臣川窪信俊が8千石で金窪城跡に陣屋を構える
元禄11年(1698) 武田信貞、丹波へ移封となり陣屋は廃される
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
石碑と案内板 土塁 土塁
 
 金窪城は全国的な知名度は低いけど、関東地方ではわりと知られた城じゃないかと思う。けっこう戦乱の渦に巻き込まれているし、上武国境の要衝だから北条、武田、上杉の奪い合いの地となった歴戦の城だ。戦艦クラスじゃないけど巡洋艦ぐらいの規模はあったのだろうと想像している。
 埼玉県指定史跡の名が泣くぐらい城跡はほとんど何も残っていない。金窪城址公園に案内板があるけど寂しい公園で誰も遊んでいなかった。石碑の向こうに土塁があり、手前の低地は堀跡なのかな。遺構はとにかくそれぐらいで期待はしていなかったけど、こんなものかという気持ちになった。
2010/05/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「新町」下車
城跡までは徒歩50分程度