南館
 
 
土塁と空堀
所在地 埼玉県児玉郡上里町金久保
遺構 土塁・空堀
現状 陽雲寺
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
元久2年(1205) 陽雲寺の前身である満願寺が創建される
明応元年(1492) 大畠長門守昌広が金窪南城を築く
天文9年(1540) 金窪城主斎藤定盛が満願寺の諸堂を修復する
天正10年(1582) 滝川一益が金窪城を落とす。金窪南城も同様に攻め落とされたと思われる
 
参考 埼玉の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社
 
 
土塁 土塁と空堀 畑時能供養塔
 
 壊滅的に破壊されている金窪城に対して金窪南城は比較的よく残っている。ただ、折れのついた土塁と堀はここを訪れる少し前に改変されて以前ほどの風情は失われたと聞いた。それでもこれだけの遺構があれば御の字ですよ。
 境内には新田義貞四天王の一人畑時能の供養塔がある。時能は金窪城を守ったとされるが、実際に金窪南城は時能の居城だったのではないかと少々勘繰りをしてしまった。供養塔もあるわけだし、そう考えたほうが自然じゃないかな。時能の将才は子々孫々まで伝わったようで太平洋戦争では時能の末裔が陸軍元帥と大将として戦っていることをあとで本を読んで知った。
2010/05/04
 
公共交通機関 地図リンク
JR高崎線「新町」下車
城跡までは徒歩40分程度