二の郭跡南の堀切
所在地 埼玉県児玉郡美里町猪俣
遺構 郭・堀切
現状 山林
目標物 石碑・案内板等なし
史跡指定  
 
室町時代 猪俣兵庫頭入道が猪俣城を築く
 
参考 秩父路の古城址/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
 
 
円良田湖の北にある特産センターの近くからと
寄居町の鐘撞堂山から尾根伝いの登山道がある
双方の登山道の合流地点にあんずの里と特産センターへの
道標があるのでそこから北へ入る尾根を行く
道を逸れるけど尾根は草木も少なく意外と快適
道標から10分もしないうちに猪俣城へ到着
案内板や標柱はないが遺構はよく残っている
二の郭から主郭にかけてはやや藪が多い
三の郭から西へ伸びる尾根にある二重堀切が見どころ
主郭から三の郭へと下る屈曲させた坂虎口も見事
良い山城だと思うのでもう少し整備してくれるといいんだけど
 
猪俣城跡遠景 二の郭跡南の堀切 二の郭跡の土橋
主郭と二の郭間の堀切 主郭跡 主郭跡の坂虎口
三の郭跡 三の郭跡西の二重堀切 三の郭跡西の二重堀切
 
 猪俣城は少し山深い場所にあるのと駅から遠いためなかなか行けない城だった。その頃は情報量もうんと少ない時代。中世城郭事典所収の図面を眺めつつ「このあたりだろうか」と見当をつけるぐらいで実際に行くことはなかった。
 幸いなことにホームページの相互リンクをさせて頂いた方のお誘いで虎ヶ岡城と猪俣城を訪れる機会を得た。今もともに山野を駆け巡る戦友の一人との出会いともなった日である。朴葉の葉っぱを踏みしめながら円良田湖方面からの山道を歩いた。城跡への分岐から折れて尾根を行く。城域に入ったとたんに藪がきつくなった。木の枝が目に入らないよう注意しながら猪俣城を歩いたが、土橋を二重堀切ははっきりとわかったものの、その他は正直あまり覚えていなかった。
 あれから10年過ぎて今一度猪俣城へ挑むことにした。今度は単独である。ただ、当時と違い僕も場数を踏んでいる。百戦錬磨とは言わないまでも阪神で言えば往年の下柳剛ぐらいの老獪さは備えている。山城を廻るには遅い時間に家を出て寄居駅を起点に鐘撞堂山に登り、そこからのらりくらりと尾根を歩いた。分岐の場所は何となく覚えていたのでそこから猪俣城へ向かう。こんなに近かったっけと思いつつ城へ着いた。
 印象の薄い山城だったけど、自分の先入観を改めないといけないぐらい遺構は素晴らしい。惜しむらくはこの藪だけど、あちこちの山城を踏破しているからあまり気にならないレベルだ。千葉や茨城の山城のほうがずっときついから。
 土塁はほとんど皆無といっていいのかな完全に郭の切岸と堀切で成り立っている城だ。城主は猪俣氏ということになるんだろうけど、歴史はあまり解明されていない。東西で向き合う虎ヶ岡城と造りがよく似ているなと思う、北条氏滅亡のきっかけを作った猪俣邦憲は他家からの養子で入った人だから猪俣城にはいなかったと思う。ほとんど上州に詰めていたんじゃないでしょうか。戦国時代の猪俣城は藤田氏の属城を経て、北条氏の時代になると鉢形城の烽火台程度の役割だったと僕は考えるわけです。
2006/12/23・2017/01/12
 
公共交通機関 地図リンク
秩父鉄道「波久礼」下車
登山道入口までは徒歩45分
城跡までは徒歩30分程度
特記事項